ノートの取り方・宿題の説明です。

算数・数学を例に説明します。基本は他の科目でも変わりません。

行間を空けない(行間が狭い)生徒

多くの人が大学ノートを使っていることと思います。
 漢字やひらがな、アルファベットなどを書くのには大学ノートは非常に便利なものです。
 ところが、計算をする際には、大学ノートの罫線の使い方を工夫する必要があります。
 たとえば整数と分数が混ざった式では、どうしても分数を罫線のなかに納めようとして、数字を小さく書く必要が出てきます。これは計算にとって致命的です。分数を書くとき行間を空けずに書くと、どうしても見えにくくなってしまいます。この結果、計算間違いの確率がずっと大きくなってしまうのです。
 そこで、算数や数学を解くときには、必ず「行間を空ける」ことです。行間を空けることで、計算式中の数字や文字が見えやすくなるばかりでなく、分数を書く場合には、少し罫線からはみ出して、ほかの文字や数字と同じ大きさで分数を表記することができるのです。 必ずノートは1行ごとに行間を空けて、ゆったりと使いましょう。

計算用紙に空白がない生徒

時々いるのですが、空白が少しでもあれば、どんどん計算でそこを埋めていく生徒がいます。
 計算をしているのを観察していると、こっちの目がクラクラとなるぐらいに、空白が少なくてグチャグチャなのです。先のノートの行間の場合にもいえるのですが、紙をケチる生徒は、たいてい実力が伸びません。
 その生徒の頭の中も、きっとその計算用紙と同じようにグチャグチャになっていて、ちゃんと整理ができていないのだと思われます。その状態でいくら勉強しても、実力が伸びるわけがないのです。
 空白はノート上にも「頭の中」にも必要です。できるだけ空白を広めに取りながら、計算の練習を勧めていきましょう。

字の判別がつきにくい生徒

これも実はかなり致命的です。
 たとえば、bと6を見間違えて計算間違いをするということをよく目撃します。意外なことですが、この間違いをした生徒は、一見ノートは非常に美しく、計算間違いをしそうにないのです。実は字がきれいな人でも、こういう間違いをする人が多いのです。
 そもそも計算というのは、かなり人間くさい作業です。汗水たらして1つの答えにたどり着くわけで、必死です。というよりなかなかたどり着きません。数学のノートが汚いのは、むしろ当たり前であって、妙にきれい過ぎるノートに、計算間違いをしそうな雰囲気が感じ取られてしまうのは、そういうことなのです。
 そんなわけで、皆さんには、「美しいノート」ではなく、「必死に解いて、空間をたっぷり取った数字の見間違いが少ないノート」を常に心がけていただきたいと思います。

  •  コツとしては、
    •  「8」や「6」などの円形の部分は、できるだけ正しい○を作る。飛び出ている部分をはっきりと飛び出させる。
    •  各数字を書くたびに、できるだけ「この字は別の字と見間違えないか?」とチェックしつつ数字を書く。
    •  見間違えそうな文字は、前もって別の字体を選んで練習しておくなどがあげられます。

宿題

宿題は必ず出します。今日学習したことをどれだけ理解しているかを確認するための作業です。分かるところ・分からないところを区別し、次回の授業で分からないところをもう一度解説してもらうための作業です。ですから、必ず出された宿題は最後まで目を通しやってこなければなりません。ここで大事なことを一つ、「決して他人の手を借りてはいけない」ということです。親にも兄弟にも助けを求めてはいけません。そんなことをすれば宿題の意義が失われてしまいます。分からないところは空白にして授業に臨むのです。分からないことは恥ずかしいことではありません。分からないことをごまかしてその場をごまかすことが恥ずかしいのです。

どうでしたか。少しでも納得して、実行してくれることを願っています。