英語ノート・数学ノートを完成させましょう。<当塾の基本方針>

英語ノートには、文法項目、熟語、語法、そして注意すべきポイントを書き込みます。
数学ノートには、公式、解法、そしてどうして間違えたのか、自分の解法と正解を書き込みます。
筆記用具には、4色ボールペンを使いましょう。
学校の英語の成績を上げる自信があります。
当然ですが、毎回授業の最初に単語・熟語のテストを実施します。
満点を取るまで繰り返し実施します。
英検で2級に合格したのにどうして学校の成績が良くないの。
ずばり、英検英語と学校英語は違います。
英検英語は実用英語ですから、いかに相手の言葉を聞き取り、それに適切に応えていくと言うことに主眼が置かれています。そのためには日常でよく使われる慣用的な表現を覚えておかなくてはなりません。そのために必要な単語・熟語も学校英語とは違う部分が出てきます。
学校英語は文法中心です。
学校英語では、スペルミス、文法の間違い、大文字・小文字、単数・複数、時制と細かいところまできちんと書けなければ正解になりません。ピリオド一つ忘れても減点になります。
英検英語は話す英語、学校英語は書く英語です。
当然、勉強のやり方が違います。そこを理解しないと、両方満足いく結果には成りません。
数学は美しい学問です。
数学は暗記科目です。
不思議に思うかも知れませんが、数学は暗記科目です。数学の問題を見て、どうしますか?すぐに解き方が頭に浮かびますか?
『あ、これは以前やったあの問題と同じだ。この問題は、あの公式を使えば良いんだ。』
どうです。暗記科目でしょう。
どうすれば数学の理解力が増すのか?
まずは計算力です。計算問題を見た瞬間、すぐに解けるように、10問出題されたら、決められた時間内に10題正解する、正確さとスピードが必要です。そうなるためには一定以上の問題を解く必要があります。例題とそれに伴う練習問題だけでは、全然足りません。日頃から一定の計算問題を解かなくてはいけません。そのために問題集があるのです。
計算力がきちんとつけば文章題に取り組みます。その場合も計算問題と同じで一定量の問題を解く必要があります。また、一度解いた問題はきちんと理解する必要があります。中途半端に理解するのではなく、きちんと途中の計算過程まで記録したノートが大切になってきます。
数学のマイノートは、非常に大切です。このノートには公式だけではなく、自分の欠点が記されたノートであって、そこには、計算の途中式がきちんと記録され、自分がどこで間違ったのか、ちゃんと記録されています。このノートが本当に自分のものになれば、数学が得意科目になります。
英語ノート・数学ノートを作ることが塾の重要な指導だと考えています。