どうすれば「やる気」が出るのか?

 大きな課題です。難しい問題です。「やる気」が出れば成績アップなど簡単です。では、どうやって「やる気」を出させるか?

具体的な目標を持つ。

  • ただ漠然と勉強しようとしても、目標がなければだめでしょう。高校合格も立派な目標ですが、あまりにも大きくて、やはりもっと具体的な目標、「英語の点数を上げる」・「数学の内申を1つあげる」などではどうでしょうか?
  • 人間目標がはっきりすればやる気は出ます。

勉強するという気持ちを持つ。

  • なぜ勉強するのか?この「なぜ」に対する答えを見つけることが「やる気」を出させる鍵です。

なぜ勉強するのか?その答えを見つける。

成績をアップさせるため、高校に合格するため、将来のために役立つ、どれも明確な答えにはなりません。

今、勉強していることが将来直接役立つことはほとんどありません。

  • でもちょっと考えてください。一つの目標に向かってちゃんと計画を立て、準備し、努力する。その行為こそが貴重なのです。世の中に出ても同じことです。例えば、会社に勤めた場合、上司から言われたことを、ただ漠然とこなすのではなく、ちゃんと企画し、準備し、努力する。その行為が大切なのです。

勉強することで「集中力」「考える力」「物事を判断する力」がつきます。

  • 数学の成績を上げるためにどうしたらいいかと考えて、計画を立て、準備し、努力することで「集中力」「考える力」「物事を判断する力」がつくのです。

これが将来必ず役に立ちます。

さあ、一緒に頑張りましょう!!